M'S STYLE
MS STYLE ショップチャンネル

2018年12月30日

何者っていう映画 自分の時代の就活 取り留めない 就活否定

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%95%E8%80%85-%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%81%A5/dp/B06Y5PBZST/ref=sr_1_1?s=instant-video&ie=UTF8&qid=1546168599&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%81%A5

20161016125646



















今日は アマゾンプライムで 何者 を見た。

イケメン君ばかり出演してるし・・・

佐藤健君主演で 菅田将暉君もでてるし〜〜〜

就職の 映画だね・・・

思い出すよ 学生の時を

1社落ちた 阪急百貨店の販売 の面接で本を読んだ通り 面接で相対したら

本で読んだのですか? そんなのはわかりますよ。 と言われた。

そんなのわかるの わかるよ と 頭の右斜めで思った。

スタイリングは 全部ポールスチャートの ダブルのジャケット 小紋柄のボウタイ グレーのスカート

パンプス バッグはなんだったろう? 完璧アイビールックだった。

大体 本の通りの質問してくるのも あなたたちじゃん! と またまた右斜めで 思った。

筆記試験は 多分 できなかった。

友達は合格し  私は落ちた。

  なんでA子が合格したのに 私はダメなのよ!? と だけ思ったけど
  
  まあ 自分の夢はだいたい販売じゃないんだもん デザイナーだもん

  滑り止めに落ちた気分だったけど やっぱり 悔しいし 悲しい・・・

次は デザイナーだった ので

もう本に書いてる通りに話すのは止めた!!!

自分の作品と 自分のキャラと 話して 次は OKで就活は終了。

彼氏は すでに5社受けて 落ちまくり かなり性格がひん曲がってきた。

なんでもいい〜〜〜 みたいな感じで 友達が 決まった会社に 紹介してもらい 内定がでた

その会社に 今も通い 取締役にはなってる。


あの 就活の時の 若干屈折した自分たちが めちゃやな感じだったと思うよ 切羽つぱってくる

でもさ あの時だめだって とにかく バイトでもなんでも一生懸命勉強しながら 自分のこれだ!っていう

仕事を待てば やってくる!のに

あの時期じゃないと ダメ! っていう あの 人生最初の終わり感 って なんなんだろう?

ニート 時期を もっと 

充実の 人生前座時間を 感じれる 働き場所兼 学校

みたいな ところがあるといいのに・・・



あの 臨場感が 自分にそれほどないのは 落ちまくってないからなのかな?

あの悲壮感って 人生で必要なのかな〜 

受験も 就職試験も 私は 必要じゃないと思っちゃうよ

何者っていう映画は 遠い自分の就活の時を改めて 思い出し  内定決まらないと ドラマになりそうな

いやな 感情になるのを 思い出した。

   絶対に 違う 就活をしたほうがいいし 

   面接官なんか ただのおっさんなんだから 言いたいことを言え 若者。


大企業なんか いつでも倒産するわけで 

自分が 何かなしえるための 土台で 一心不乱になれる仕事をするのが 大事なんだ!!

そして 思え!!!

自分の仕事は 周りの人たちが 笑顔になって幸せにきちっと繋がる ものなのか?

それだけが 大事だ のめりこむ仕事を自分で探すための 就職だよ。。。 そのスタートなんだよ



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔