M'S STYLE
MS STYLE ショップチャンネル

2019年06月01日

ドラマを みて 受け止めることができると 面白いがいっぱいになる! ファッションも同じ 面白くなくなったのは消費者である自分の責任でもあるわけで


ドラマが 面白くない 分けでなく

見てる側が その素敵なメッセージを 受け取る 器が なくなった

のかもしれない と 思う・・・


 自分も テキトーにドラマみて 面白くな〜い と そのドラマに面白くないレッテル貼って

 そういうのどんどん レッテル貼って


 で 作りては 本当にすごい一生懸命やってるのに その気持ち なんか 受け止めること考えないで

 ドラマは つまらない  !  になってって


作る側が どうしていいか わからないで 迷宮に入る  

スポンサーも 視聴率 低いと ドラマの質 ではないわけで ・・・


テレビ内容(なんか思うに テレビだけじゃない 服もなにもかも) の良しあし


見てる側 消費者側の 受け取る感謝や 慈悲さえ そういうの大事に 受け取る心 愛って

大事じゃないのかな? 

作る側の 伝えたい気持ち 演じることへの愛や 作る人たちのパワーを

画面の前で 実感できる 自分の心(魂)の余裕 で

受け止めると いろんなメッセージをもらえるんだよね。


 画面の時代が来る。  大きな 画面で(実際の画面 バーチャルな画面かはわからないけど)

 テレビもネットも テレビ局も素人も 画面から 発信できるようになる。


せっかく そういう 素敵なメッセージを発信される機会を  たくさんもらえるわけで

受け取る側は

BGMのときもいいけども

ちゃんと 見てるときに 

パワーを受け止めれるのように 見る 聴く 習慣身に着けたら 

すべては未来の何かのために


そこは輝く シーンとなって  自分もその位置から 飛べるような 気持ちになって

素敵なことしか 起こらない イメージの実現のスタートになるんじゃないのかな〜〜〜

人生 いっつも そんな素敵なパワーを もらえ続けたら 世界は平和だね!


  ドラマ みてて 一見面白くないんだけど 見続けてると 

  メッセージが来る  そういうことも あるってこと   ちょっと思った。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔