M'S STYLE
MS STYLE ショップチャンネル

2021年03月03日

私のプロフィール 

1-021-031-04












    • エムズスタイル
      ひがし紀子さん




    • 1961年生まれ。文化服装学院服装課卒業後、デザイナー、プランナー、バイヤーを経験し、小さなブテイック「M'S STYLE」を開店しました。夢を叶えた小さなお城(店)です。












商品開発にあたってどのようなことを大切にされていますか?
私は小さい時から目が細くて、自他ともに認めるただの子供らしい子供でした。可愛いとか言われたことはなかった!だから綺麗なものが大好きになって、デザイナーになったのだと思います。



服はその方を輝かせる大きな存在。パーカー1つのデザインも
その方のために誂えたように見えるSTYLEを作りたいと思っています。ライブの中ではわくわくして頂けるコーディネートアイテムを持参してこのスタイルが着たい!って思って頂けるように、お一人お一人に向けて作っているつもりです。(きっぱり)女性は絶対にいくつになっても「可愛い」って言われたいですよね?大人になった今のほうが正直で、そう思うことをためらわなくなりました。

「M'S STYLE」のブランドコンセプトを教えてください

“38歳’S STYLE”かな…。若く見えるとかではないのです。なんでもチャレンジできる年齢が38歳かな?って思うのです。モードの服もかわいい服も果敢に挑める精神でいつまでもいられるのが良いでしょ!? 「M'S STYLE」は普遍的でありたいです。女性が輝く気持をずっとずっと持って頂けるようにエールを贈る服たちが 「M'S STYLE」です。

「M'S STYLE」はどのような方にお勧めしたいですか?諦めないで!チャレンジできる女性が良いですよね。「素敵だな〜でも無理…。」ではなく、ご自分の素敵を諦めないで「生涯かわいいがいい!」と思っている方や、その手前で悩んでいる女性たちに、旗を振ってリーダーシップをとりますからついてきてください!素敵な服たちはライフスタイルをより輝かせるでしょ!そうありたい女性たちへお勧めしたいです。

ご自分のファッションやライフスタイルなどへのこだわりは?自分のライフスタイルは超!カジュアルです。でも、ファッション専門店のあるべき意味は、TPOをご提案することだと思っています。その場所にいるご自分が一番素敵に輝き相応しいと思えるスタイリングを作ること。これこそお客様のためにも自分のためにも拘る最たることです。これは自分の絶対的authentic。でも私は、お姫様のドレスに憧れるし、モードなスーツも着たいし、流行も追うし…。自分のauthenticをベースにもって興味深い人間味’S STYLEへのこだわりを進化成長させたいです。



















私のお城🏰










この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔