先日 プロファイリングの講義を受講した。
プロファイリングとは ’人を知る技術’ を学ぶ学問。
現代では、心理学、神経生理学、大脳生理学の検知からこんなところまで、解明されていることに正直驚いた。


P1000337











人が生まれ持つ気質は変わP1000338らないそうである。














しかし、後天的な影響は環境と本人の意識や経験次第だというところが、また興味深かった。
なぜなら、大手企業の経営者はえてして6つの脳タイプを併せ持つそうだから


P1000175



P1000177以前、読んだ 宮城まり子 さんの本にこんなことが書いてあった。
人生のなかで、もっとも大切な対人関係は
’自分との関係’である と。
 
’人を知る技術’というよりも私は、
’自分を知る’ 上で大変に参考になった。
なぜなら、自分の’ちょっと嫌だなと思うような癖’みたいなところを許せる気持ちになったからである。
だって生まれもった気質だからしょうがないでしょう
そして己を知ればコミュニケーションの達人への道が開ける
それは、家族関係、仕事関係問わずだ。


私が今回の講義で一番衝撃を受けたのは、講師の溝口氏が
フェミニズムに影響を与えた、カレン ホーナイの一節を上げた時。

’人は自分を愛せる程にしか他人を愛せない’

大学の時だったか、働き始めのころだったかに目にして すごくよく覚え
ていた一説だった。

そして、溝口氏は 愛 と 執着 との違いを ’離別感’という言葉で表現された。
私のことは分かってくれてあたりまえは × (バツ)
自分 と 人 は違うもの が ○ (マル) だと。

分かってくれてあたりまえ と思うと人間関係しんどくなりますよね

そして、臨床心理学者のカールロジャース氏は 「カウンセリング心理学」で以下のように書かれている。

人は人から受け入れられているとき、生への意欲が高まる。
いくつになっても、人から受け入れられることを、人は欲している。
愛とは、深く理解され、深く受け入れられることである。

これこそがプロファイリングの真骨頂だと感じた。
’離別感’を尊重しつつ、理解しあえる関係性を学べるなんて、ちょっとずるいけど、てっとり早くて得ですよね
そうそう ’なんでなんだー’と悩まなくて済みそうです

残念ながら、11月25日に中目黒のエムズスタイルで実施される講義は満員御礼のようです。
次回の講義などご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
きっと気になってる人間関係はてっとり早く解消はできませんが、理解することはできますよ




 やまだ〜〜さんの 感想です。

こんにちは
今日は肌寒いですというか、めちゃくちゃ寒いです
おかあさんが用意して下さったのでしょうか、お店の私の椅子にひざかけがありがとぉ。。。

土曜日に受けたプロファイリングのセミナーについて、書こうと思います。
約2時間の間に何度も『どおりで』『だからか』『そうなのね』と関心してばかりでした。

とにかくこれからの子育て、人とのかかわりにいいから受けてみて と言いたい

 ↑ こな風に人に勧めてしまうのが、ER+なんです・・・ひがしさんと私
ブログを読み返していただけるときっとわかります。
ご来店いただいている方はもっとわかると思います。
たまに『私のチョイスが間違いでした』と謝りますが、それ以外は『かわいぃ〜』『いいね〜』の連発なのがER+
でも、それをわざと言っているのではなくて、本心から思っていて
なんで似合ってるか どうしてかわいく着れたのか まで考えないのがER+


無料診断で出てくる情報は あくまでも先天性の部分です。
後天性の部分は、いろいろな経験から自ら変えたもの 家族の影響で変わったものなんだそうです。

無料診断の結果 自分ではPL(合理化・改善能力)だと思っていました。でもERでした。
ERって、人の気持ちを読み取るのが得意で、それに応えてあげようと思ってしまうんです・・・と溝口さんがおっしゃった時に、小学生の時にクラスメイトに言われた言葉を思い出しました。
『なっちゃんってさ〜誰にでも優しくしてあげたり、世話してあげて おせっかいだよね』
この言葉は私の心にぐさっとささり、それ以来 気づいても気づかないふりをし
人と接するのも嫌いになり特定の友達としか話さなくなりました。
これが後天性の部分・・・なんですね。

RIMG0715 (2)
ぷちおはIL-でして、『なぜ?』『なんのために?』『えっ』と思う事が多々ありますが、セミナーを受けた後はすごいスッキリしています。
自分の子だけど、自分ではない事。
自分の子だけど、自分と同じ考えではない事。


今朝も寝坊して、なのに朝ごはんをおかわりしてしっかり食べて、家を出る時間がかなり遅くなってしまいました。
送って行こうかな???遅刻だよなきっと・・・と思いつつ、それが恒例となってしまっては困るのでだまって見ていました。
時計をみて『やばいなぁ〜ちこくだな・・・』と呟きながらランドセルを背負い、『登校班のときにエントランスを4分に出てまにあったから、はんちょうのはやさでいって とちゅう少しはしればまにあうな』といいながら出て行きました6歳なりの分析ですけど、分析大好き ILさんです。
前だったら、そんな事言ってないで さっさと行きなさいって送り出したと思います
ID野球という言葉を作り上げたのむさんもILなんですって 納得ですよね

こうして、自分の事を知り 身近な人の事を知り 近づけて寄り添っていけたらいいですよね。



こちらのセミナーはあくまでも入口
お会いして生年月日をきいて、何型だからどうしてこうして・・・なんてできないですよね
会って、お話して、その口調や内容、態度などから分析し、接する事ができたらスムーズですよね

そこで、本講座受講のご案内もいたします

子どもとの接し方がわからない
仕事をしているけれども どうもうまくいかない
上司とうまくいかない
お隣さんとうまくいかない
旦那とうまくいかない
姑とうまくいかない
自分に向いている仕事がなんなのかわからない
従業員がすぐにやめてしまう
適材適所の人事をしたい
私 個人的には、学校の先生に受けていただきたい気持ちでいっぱいですが、どの立場の方でも知っておいた方が
これから先がラクに楽しく過ごせるのではないでしょうか